第39回Kyoto演劇フェスティバルの概要について

今回で第39回目を迎えますKyoto演劇フェスティバル(通称:演フェス)は、2018年2月10日(土)〜18日(日)までの期間と、プレ・イベント等の関連プログラムを含めた、下記の多彩な内容で実施を予定しています。

公募公演プログラム今回より幅広い世代の皆さまが「1日楽しめる演劇祭」を目指し、リニューアルを行います。020704_1.jpg

子どもから大人まで、幅広い世代で楽しめる人形劇から、涙なしでは観られない感動巨編まで、
オリジナリティ溢れるバラエティ豊かな作品を広く募ります。

〈児童青少年部門〉・・小学生から高校生までを主な鑑賞の対象とした作品。021103_1.jpg
〈一般部門〉
・・高校生から一般成人までを主な鑑賞の対象とした作品。

〈上演スケジュールについて〉
開催日
 
2018年2月10日(土)・11日(日)・12日(祝)・17日(土)・18日(日)
今回より幅広い世代の観客の皆さまに1日楽しんでいただけるフェスティバルを目指し、従来どおりの「児童青少年部門」「一般部門」で日程を区切って開催するのではなく、申し込まれた「部門」だけでなく、上演内容や鑑賞対象をもとに検討を行い、より祝祭色豊かな上演スケジュールでの開催を予定しております。

募集要項のダウンロードはこちら〈約10MB〉
 〈申込締切/9月22日(金)※消印有効〉

ロビー・プログラム演フェスは休憩中でも楽しむことができます!
ホール公演休憩中にホールロビーにて様々な企画をお楽しみいただけます。

プレ・イベント(参加団体向け)(1)合同ワークショップ 詳細はこちら
子どもから大人まで、皆さん一緒に「劇場体験」!
世代やジャンル、地域や団体の垣根を越えて舞台の上に大集合!参加者の皆さんが「創造」を実感できるワークショップです。今後の作品づくりに役立つだけでなく、この「出会い」が新たな「交流」を生み出す第一歩になるかもしれません。
10月27日(金)19時〜 会場:文化芸術会館ホール

(2)舞台創造アシスト事業 詳細はこちら
より良いモノ創りを目指す皆さまへ、演フェスはどこまでもサポートします!
このプログラムは、演技・演出からその他芝居づくりの様々なところでお悩みの演フェス申込団体に、演劇有識者・経験者が稽古場まで出向いてご相談を承るサポーター派遣サービスです。
「1日限りのコメンテーター」から「演技指導」や「舞台創造の具体的なアドバイス」など、できる限りのサポートをいたします。
もちろん、具体的なアドバイスは不要でも、「ちょっと稽古場に緊張感を…」という時のネタとしてご利用いただいても構いません。
よりよい舞台創造や団体活動ができるよう、申込団体とスタッフが一体となって取り組みたいと思います。
10月中旬〜公演前まで予定

まだまだ検討中のプログラムも含め、毎年多彩なプログラムにより演フェスは盛り上がります。詳細は随時アップしていきますので、ご期待ください!
posted by 演フェス at 14:05 | Comment(0) | 第39回演フェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: