Kyoto演劇フェスティバルについて

38年目の充実を迎える全国有数の演劇祭!

enfes_syoukai.jpg

Topics第38回Kyoto演劇フェスティバルの概要について
★上演スケジュールと団体・作品紹介をアップしました
 <上記のフェス概要よりリンクしています>
☆公募公演プログラムの募集を開始しました。
 募集の詳細はこちら締め切りました
過去の開催状況はこちら

 Kyoto演劇フェスティバル(演フェス)は、京都府内の劇団・人形劇団を対象に、日頃の活動成果を競い合う研さん・技術向上の場として、また、府民に対して質の高い文化活動を奨励、振興する地域密着型の演劇祭として昭和54年より休むことなく開催し続けてまいりました。

 また、全国に先がけて府民参加型の合同創作劇や朗読劇、短編連続上演などの非常に多彩な特別プログラムを行うなど、「子どもから大人まで楽しめるフェスティバル」として地域に定着し、公立ホールが企画・運営を行う演劇祭として全国有数の開催回数を誇り注目を集めています。

 第34回より公募公演の参加資格を拡大(京都府内から関西全域)するなど、未来の関西演劇界のより一層の活性化を目指し開催いたしております。

posted by 演フェス at 00:00 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレ・イベント<合同ワークショップ2016>について

子どもから大人まで、皆さん一緒に「劇場体験」!


goudou_ws_image.jpg

Kyoto演劇フェスティバルのメイン会場のホールを使って、
小作品を創ってみましょう!

「ホールではどれくらいの声をだせばいいのか?」
「客席からどんな風に見えるのか?」

などなど、やってみなくちゃわからない疑問や不安を、
実際に身体を動かしながら確かめてみませんか?

舞台上での「緊張感!」も味わえますので、 是非是非ご参加をお待ちしております!!


日 時 2016年10月24日(月)19時〜21時予定[30分前受付]

会 場 京都府立文化芸術会館ホール

料 金 第38回Kyoto演劇フェスティバルの申込団体は無料。
      ※一般参加の場合は1回500円必要です。(当日徴収)

対 象 小学生から一般成人まで。
      ※舞台経験の有無や表現のジャンルは問いません。

定 員 40名(先着順※定員に達し次第締切)

備 考 ●動きやすい服装でお越しください。
      (着替え等が必要な場合は楽屋をお使いください)

講 師 高杉征司
大学在学中より演劇を始め、 2001年にWANDERING PARTYを旗揚げ。2011年に解散するまで 主宰を務める。その後フリーの俳優として 活動するが、「集団での継続的な創作」への こだわりから2015年にサファリ・Pを立ち 上げる。
演劇ワークショップ講師(2008~)、高槻 現代劇場シニア劇団講師(2015~)、演劇 大会審査員、神戸芸術工科大学メディア表現 学科演技指導員(2006~2010)、NPO法人 京都舞台芸術協会理事(2010~2015)など の活動もしている。


お申込方法 
こちらより参加申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ、京都府立文化芸術会館内「合同ワークショップ」係まで来館もしくは郵送(602-0858 京都市上京区東桜町1番地)・FAX(075-211-2013)にてお申込ください。
(申込締切:10月21日[金])

お問合せ 京都府立文化芸術会館内「合同ワークショップ係」
      TEL 075-222-1046 E-MAIL kaikan@bungei.jp
posted by 演フェス at 11:05 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kyoto演劇フェスティバル:過去の開催状況

演フェスの過去の開催状況(ファイナルレポート)をアップいたしました(第35回〜第37回)。
2017年2月に開催予定の第38回演フェスへのご参加・ご来場に向けての参考になれば幸いです。
  
第37回>       <第36回>       <第35回






posted by 演フェス at 09:55 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする