第36回上演スケジュールと参加団体・作品について(児童青少年部門)

上演スケジュールと参加団体・作品について
(児童青少年部門)

●公募公演:児童青少年部門●
子どもに向けて届けるお芝居・人形劇や、子どもが出演するお芝居など、
魅力あふれる舞台が盛りだくさんです。
和室1回券 前売500円(当日600円)

ホール1日券 前売700円(当日800円)


☆2月11日(水・祝)
ホールプログラム
13:00〜
やわた人形劇連絡会 やわたの昔ばなし「鯉ものがたり」yawata.jpg

やわた人形劇連絡会の七劇団が合同で八幡市の昔ばなし「鯉ものがたり」を上演します。
主人公の元太は、病気の母の回復を願い、殺生禁断の放生川で決して捕ってはいけない鯉を...親と子、人と人との想いを描いたこのお話しは
石清水八幡宮の紙鯉のいわれとも伝えられています。


14:05〜
山科醍醐こどものひろば演劇部ぽっぷ・こーん
「けふこゑて〜はじめのいーっぽ!〜」

pop_corn.jpg

ぽっぷ・こーんの今回の作品は、山科醍醐こどものひろばの「町たんけん」チームが作った「山科かるた」を劇にしました。
主人公の小学生が現実から逃げ込む妄想の世界を描いた、少し不思議な物語を、メンバーの大学生が考えて台本を書きました。
山科かるたを使ったカードバトルゲームにも注目!こどもから大人までお楽しみいただけますので、ぜひ見に来て下さい!


15:05〜
ミニシアターまる 人形劇「かちかち山」maru.jpg

一人でどこまでできるかにおもしろさを感じ21年間活動してきました。
旗揚げ後数年で一人で創る世界に限界を感じ、突破口として「劇団はてな」のうそまこと氏に本日の「かちかち山」の演出をお願いしました。
太宰治の「御伽草子」とも重なりタヌキとうさぎのすさまじいお話に仕上がっています。

16:00〜
まゆともGTS「たのしい王さま物語」mayutomo.jpg

私たちは、童話や絵本をおもな題材として、物語や、そこから感じたことを、声、言葉、そして身体のすべてを使って表現し、新たなお話の世界を創っています。3回目の今回は、「たのしい王さま物語」(寺村輝夫の王さまシリーズより)で、本格演劇に挑戦です。どの家にもひとりいそうな、ゆかいなちびっこ王さまのお話です。
ご期待くださいね!

17:05〜
ちゃんばらCLUB喜怒哀楽「プリンセスかぐや」kido_airaku.jpg

俳優・谷口高史が講師を務める殺陣教室のメンバーを中心とした、小学生からシニアまでの幅広い仲間でお届けするのは、まったく新しいかぐや姫の物語。
笑いありチャンバラ有り、戦う『プリンセスかぐや』の喜怒哀楽をお楽しみください。 
〈公演終了後にその日の全参加劇団が再登場するカーテンコール・アフタートークを予定


☆2月14日(土)
和室プログラム
11:30〜
ごちゃまぜMINIシアターズ「ごちゃまぜMINIシアター」gochamaze.jpg

人形劇ワークショップで出会ったメンバーが2010年より色んなMINIシアターをあちこちで上演してきました。
今回、「ごちゃまぜMINIシアターズ」というユニットを立ち上げました。演フェスでは人形劇・腹話術・紙芝居をとりまぜた5作品です。

おばあちゃんあり、パンダくんあり、色々な味つけをゴチャゴチャッとお楽しみ下さい。



ホールプログラム
13:00〜
みかんの木文庫「イソップ・イソップ」mikan_no_ki.jpg
1989年福知山市の小さな家で開いたみかんの木文庫。子どもたちに本やお話を手渡すだけでなく、文庫を飛び出して人形劇も届けます。「イソップ・イソップ」は、暮らしの中にある身近な素材や道具が、お話になって動き出します。昨年の発表から一年、心を込めて練り込んできました。世界の寓話のみかんの木バージョン、お楽しみいただけますように。 

13:45〜
修学院中学校演劇部「穴の中の侮れない奴ら」syuugakuin.jpg

修学院中学校演劇部は、7名で毎日仲良く楽しく練習しています。そんな私たちがお送りするのは、「穴の中の侮れない奴ら」です。初めての大会に臨んだ個性派ぞろいの演劇部の面々が巻き込まれたハプニング。
名前にまつわる悩みから始まる青春の物語。あなたは自分の名前に誇りをもてますか?
春の発表会からさらにパワーアップしてお届けします。


14:40〜
宇治っ子朗読劇団☆Genji
「宇治十帖ものがたり〜「源氏物語」より〜genji.jpg
宇治っ子朗読劇団☆Genjiは、宇治市文化センターが「古典の日(11月1日)」の制定を記念して、古典を市民の皆さんの心に広く根付かせ、次世代に継承していくため開設した「源氏物語宇治十帖朗読講座」の受講生でつくる劇団です。今年は小学2年生から高校3年生まで16名が参加し、オリジナルの劇中曲とともに「源氏物語宇治十帖」の世界を表現します。

15:40〜
きっず☆Kocho「ものもの〜物々しく物申すもののけの物語〜kocho.jpg
第32回演フェス特別企画で観客賞と最優秀賞をW受賞したこの作品。前回演じた大人に負けじと、小3から中2の11人の子どもたちが大阪からやって来ました。小学生のきっず★、中学生のぱわーず★が合同で演じるのは、大ブームの妖怪のお話。妖怪の世界に迷い込んだ少女と個性豊かな妖怪たちが綴るもののけファンタジー。どうぞお楽しみください。

〈公演終了後にその日の全参加劇団が再登場するカーテンコール・アフタートークを予定


公募公演:一般部門(2/7・8)はこちら
特別企画(2/15)はこちら

posted by 演フェス at 16:01 | Comment(1) | 第36回 公募公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第36回上演スケジュールと参加団体・作品について(一般部門)

上演スケジュールと参加団体・作品について
(一般部門)

●公募公演:一般部門●
一般成人の鑑賞を対象とした演劇公演。選考を経て選ばれた8団体が、
日頃の活動成果を遺憾なく発揮します。
和室1回券 前売1,500円(当日1,800円)
ホール1日券 前売1,500円(当日1,800円)

2月7日(土)
 和室プログラム 
13:30〜
グループ空清(からきよ)「お粥かくしの長暖簾」karakiyo.jpg
「京の室町 聞いて極楽 みて地獄 お粥かくしの長暖簾」と、はやされるように、間口を何間と構えていても、内に入れば、大変質素だった。京の町家のならわしは、格式を重んじ、たいへん形式主義的であったが、四季折々の味わい
があり、うるおいのあるこころゆたかなものだった。商家の女主人が、むかし懐かしい祇園まつりの幽玄な景色を語る。
〈公演終了後にアフタートークを予定


 ホールプログラム 
15:00〜
ミュージカル劇団ケセラ・セラ「今やらな、いつやるねん」kesera.jpg

今年も演劇フェスティバルに出演させていただきます。
物語は、とある病院におばあちゃん二人が入院中。院内での日常の出来事を交えながら、おばあちゃん二人の生きざまを描いています。これからの高齢化社会を考える一つのきっかけにしていただければ幸いです。
昨年、初めての観客賞を頂き今年も!と張り切っております。
〈公演終了後に幕間トークを予定


16:20〜
劇団「京すずめ」「思案峠」kyou_suzume.jpg
私達、劇団「京すずめ」は、2009年5月に結成し、今6年目を迎えています。現在の団員は12名。これまで、毎年公演を続けてきました。私達は、よりよい作品をめざして毎回意見を出し合い演者が納得して演じられるような作品創りを進めています。また、一つ一つの作品でみんなが成長できるようなお芝居をめざしています。今回の「思案峠」は一つの峠の歴史と人生を重ね合わせた作品です。
〈公演終了後に幕間トークを予定〉

17:40〜
市民劇団O2劇場「煙が目にしみる」O2.jpg
2003年5月にスタートした市民劇団で、隣の大津で活動しています。この演フェスに参加できる機会をいただき、大変にうれしく思っています。「煙が目にしみる」は、昨年の6月に、劇団十周年公演として上演した作品で、今回はそのリメーク版です。大切な人に伝えたいこと、ありませんか?笑いと涙のハートフルストーリー。ご期待ください。
〈公演終了後に幕間トークを予定〉

2月8日(日)
 和室プログラム 
13:30〜
春楡一座(はるにれいちざ)「茶色の朝」「核と世界の子どもたち」harunire.jpg

何ということもなく日常生活を送るうちにすべてが「茶色」になってゆく――そんなフランク・パヴロフの「寓話」。
そして、世界各国の、核のために悲しみの中にある子どもたちに思いを寄せ、詩に託して告発した「詩劇」。作:御庄博実・石川逸子。
伝えないではいられない思いで語ります。

〈公演終了後にアフタートークを予定〉



 ホールプログラム 
15:00〜
京都放送劇団「夢去りしあと」housou_gekidan.jpg

京都放送劇団は、その昔NHK京都放送局でラジオドラマをon Airしていた当時からずっと活動を続けています。今は放送劇を舞台で上演したり学校や寺社での公演をしています。
本日の作品は赤穂浪士の一人小野寺十内の妻丹を中心に、討ち入りの裏に潜む女性たちの心情を描いた書き下ろし。
久々の時代物です。お帰りの際にはどうぞ清き一票を。
〈公演終了後に幕間トークを予定〉


16:20〜
劇団青空「見上げてごらん夜の星を」sora.jpg
劇団が産声を上げたのは3年前。その後、演フェスをはじめ、高齢者の大学や会食会、合同公演・市民劇への参加、映画出演などなど、全力疾走しつつも、昨年は自主公演にじっくり取り組み、大勢のお客様にご観劇いただきました。今回は、認知症を発症したお母さんと、そのお母さんに翻弄される周囲の人びとをホットに演じます。乞うご期待!

〈公演終了後に幕間トークを予定〉


17:30〜
京都西陣創造集団アノニム「人を喰った話/他1作」anonimu.jpg

アノニムは京都西陣を拠点に活動しています。30代〜70代と幅広い個性的なメンバーが集まってわいわい楽しく芝居をしています。今年は一般部門のホールで、宮本研の『人を喰った話』という作品を上演します。一見怖そうなタイトル。ある小さな町、検事局のその一室での話。そこには婆っこが・・おっと、この先は舞台にて。

見てのお楽しみ!

〈公演終了後に幕間トークを予定〉


公募公演:児童青少年部門(2/11・14)はこちら
特別企画(2/15)はこちら

posted by 演フェス at 14:30 | Comment(0) | 第36回 公募公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公募公演の募集について

公募公演プログラムの募集を開始しました!
[締切:10月3日(金)※消印有効]

・一般成人の鑑賞を対象とした「一般部門」の公演日は
 2015年2月7日(土)・8日(日)です。
・児童青少年の鑑賞ならびに出演を対象とした「児童青少年部門」の
 公演日は2015年2月11日(祝)・14日(土)です。

公募公演の詳細ならびに申込書等の〈募集要項〉は下記URLよりダウンロードしてご確認いただけます(2.9MB)
http://www.bungei.jp/enfes/36_bosyu_youkou.pdf

また、公募公演の募集説明会を、
2014年8月26日(火)19時より京都府立文化芸術会館ホールにて開催いたします。
企画の説明や申込時の諸注意だけでなく、実行委員やスタッフと一緒にフェスを盛り上げていくための「アツい想い」を共有するために、初めてお申込の団体様や府外からのお申込の団体様は、上記の説明会へのご出席を義務化させていただいております。
(参加歴のある団体様は任意希望制です)

募集説明会へのお申込や公募公演についてのご質問・ご相談は、
京都府立文化芸術会館内「Kyoto演劇フェスティバル事務局」
(TEL.075-222-1046/kaikan@bungei.jp)までご連絡をお願いいたします。
posted by 演フェス at 17:53 | Comment(0) | 第36回 公募公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする