第37回Kyoto演劇フェスティバル終了!

第37回演フェスは
 大盛況のうちに無事に終了しました!
hifumi.jpg
第3回「観客賞」は劇団ひぃふぅみぃさんが受賞されました。

公募公演:一般部門(2月6日・7日)は、ストレートプレイやミュージカル、朗読劇や放送劇など、非常にバラエティ豊かなプログラムで開催されました。

 また、各出演者につきましても、20代の社会人から60代・70代の社会人OBまでの、非常に幅広い年代・職種のアマチュア演劇人が集うなど、演劇などの創造活動が持つ「生涯学習・生涯活動」としての一面を垣間見る機会にもなりました。

 なお、『観客賞』につきましては、前回より「2公演以上の作品を鑑賞された方のみ投票権を有する。」という方法に変更となった事により、従来であればお目当ての劇団公演のみ鑑賞しておられたお客様が、その前後の公演も積極的に鑑賞されたほか、各公演終了後に実施されました「幕間トーク」なども効果的に行われるなど、客席は常に大盛況で、演フェスが掲げる劇団と観客との「出会いと交流」に向けて大きな成果がありました。


続きまして公募公演:児童青少年部門(2月11日・13日)は、今回は京都市内からの参加以外に、京都府下につきましては福知山市、府外につきましては大阪府(豊中市)からの参加がありました。

 また、参加団体につきましては、地域で様々な活動を行っている児童劇団を中心に、ユニット形式による大規模な人形劇から一人で行う人形劇、そして幅広い世代(70代から小学生)で活動を行っている劇団など、非常に幅広い年齢層による参加で、 これも一般部門と同じく演劇活動が持つ「生涯学習・生涯活動」としての一面を垣間見る機会にもなりました。

 内容についても、完全オリジナルから作品から名作まで、それぞれが非常にバラエティに富んだ作品で、「丸ごと1日楽しめる演劇祭」として、2日間とも客席は大盛況となりました。


そして最終日(2月14日)に行われました特別企画「演劇クロス世代」は、「少年少女から青年・大人・熟年(?) までまじわって(クロス !)つながって 今日は 1 日“だんらん劇場”!」というキャッチコピーのとおり、幅広い年代の観客層に楽しんでいただけるよう、中高演劇部の優秀作品や学生演劇の推薦作品、さらに公募公演からの選りすぐり 作品が集結し、演フェスの最終日を盛り上げました。 

 その内容につきましては、命の尊さを題材にした高校生の作品にはじまり、高齢者による完全オリジナルの創作舞台や、小学生〜70代という幅広い世代による殺陣が見どころの劇団など、多彩な内容で上演され、 企画意図のとおり、幅広い年代の来場者により賑わいのある 1日となりました。

 また、特別企画終了後に実施されましたグランドフィナーレにつきましては、公募公演の全参加劇団が舞台に集合し、第37回の演フェスを締めくくると共に、第3回観客賞の発表・ 表彰が行われました(劇団ひぃふぅみぃが受賞)。


第40回を見据えて募集要項などを見直すと共に、関連プログラムを充実させ、「出会いと交流」をより積極的に企画化していきました第37回の演フェスは、前回以上の盛り上がりを見せ、次回第38回への期待と共に無事に全ての公演プログラムを終了いたしました。


なお、各公演の概況につきましては、こちらへ。



posted by 演フェス at 11:29 | Comment(0) | 第37回 演フェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回上演スケジュールと参加団体・作品について(特別企画)

上演スケジュールと参加団体・作品について
(特別企画)

●特別企画「演劇クロス世代」
幅広い世代・年代の皆様にお楽しみいただけます。
ホール1日券 前売800円(当日1,000円)

☆2月14日(日)
ホールプログラム
13:30〜
京都府立東宇治高等学校 演劇部2-14_higasi_uzi.jpg
「ブンナよ、木からおりてこい」
 

私たち東宇治高校演劇部は、京都府最大の人数でいつも明るく活動しています。人数が多くても仲良く、家族のような団結力の強さが自慢です。今回私たちが描く舞台では、たくさんの生き物たちが生き、彼らの個性豊かな色が交差するカラフルな世界が広がっています。自分を生きること、他者と生きることを改めて感じて頂ければいいなと思います。
〈公演終了後に幕間トークを予定〉

14:50〜
演劇集団「広小路」 猪谷祥子作「すみれ 咲く2-14_hirokouzi.jpg

劇を創って遊んでいます。「言いたいことを劇にする」。これは誰にでもできることです。日本中の高齢者がみんなこぞって劇遊びをして楽しむ日の来ることを夢見ています。
今回は「ゴミ屋敷」のおっちゃんと9歳児の友情から、共同住宅に住む大人たちの連帯が紡ぎあげられる、ほのぼの劇。劇作家猪谷祥子が生まれました。
〈公演終了後に幕間トークを予定〉


16:10〜

同志社国際中学校 演劇部「青木せんせい!」2-14_dousisya_kokusai.jpg

やっほ〜!あたしは橘かえで、3年生。
朝日村にいっこしかない小学校に通ってるの。ねぇ聞いてきいて!最近ね、学校におかしな先生が来たの。名前はね、青木はやとって言うんだ。じゃあ、あたしの学校ライフをどうぞ!
同志社国際中学校演劇部です。秋の大会での受賞作品「青木せんせい!」を、さらにパワーアップしてお届けします。

〈公演終了後に幕間トークを予定〉


17:10〜

ちゃんばらCLUB喜怒哀楽「西幽鬼!」2-14_kidoairaku.jpg

昨年は児童青少年部門から出演いたしましたが第37回では、特別企画という機会をいただきました。
今年の『ちゃんばらCLUB喜怒哀楽』がお届けするのは!「西遊記」をモチーフにした「西幽鬼!」。怪しい気配は人間か・・・妖怪なのか・・・?俳優・谷口高史の殺陣教室メンバーと講師陣、子供から70代の幅広い世代でお送りいたします!

〈公演終了後に幕間トークを予定。


18:20〜

幻灯劇場「ファントムペインに血は流れるか」2-14_gentou.jpg

大切な物は目に見えない。じゃあ、今あなたに見えてるものは?この世を彷徨うのは、色か透明か。
20世紀と23世紀をつなぐ目に見えない時間を越えて、目に見える孤独と一緒に生きる少女には、何が見えているのだろう。
京都学生演劇祭2015推薦団体。京都を中心に活動中!

〈公演終了後に幕間トークを予定。
 幕間トーク修了後にグランドフィナーレを予定



公募公演:一般部門(2/6・7)はこちら
公募公演:児童青少年部門(2/11・13)はこちら

posted by 演フェス at 14:45 | Comment(0) | 第37回 演フェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37回上演スケジュールと参加団体・作品について(児童青少年部門)

上演スケジュールと参加団体・作品について
(児童青少年部門)

●公募公演:児童青少年部門●
子どもに向けて届けるお芝居・人形劇や、子どもが出演するお芝居など、
魅力あふれる舞台が盛りだくさんです。
和室1回券 前売500円(当日600円)

ホール1日券 前売700円(当日800円)


☆2月11日(木・祝)
和室プログラム
11:30〜
ごちゃまぜMINIシアターズ「ごちゃまぜMINIシアター」2-11_01_gochamaze.jpg

人形劇ワークショップで出会ったメンバーがあちこちで上演するようになって7年目。今回は個性たっぷりのオリジナル4作品です。◎ひとり玉人形芝居「はいごれい」◎ひとりパクパク人形劇「魔女の修行」
◎おばあちゃんとモケタの攻防劇「待合室」◎棒人形のひとり人形劇「ついてこんといて」
MINIシアター、たっぷりお楽しみください。



ホールプログラム
13:00〜
山科醍醐こどものひろば演劇部ぽっぷ・こーん「けしゴムおばけ」2-11_02_pop-corn.jpg

山科醍醐こどもの創作劇から生まれた演劇部ぽっぷ・こーんです。
演フェス出演4回目の作品は、末吉暁子さん原作の「けしゴムおばけ」です。消したいものを何でも消してくれるけしゴムおばけのちょっとこわいお話を、こどもからおとなまでお楽しみいただけるぽっぷ・こーん風味でお届けします。ご期待下さい!



14:00〜
まゆともGTS「森のオオカミは本当に悪者か」2-11_03_mayutomo.jpg

私たちは、童話や絵本をおもな題材として、物語や、そこから感じたことを、身体のすべてを使って表現しながら、新たなお話の世界を創っています。今回は、「森のオオカミは本当に悪者か」で、童話に出てくる「森のオオカミ」の本当の姿を見つけたいと思います。森のオオカミってほんとは何者なのか?さあ皆さんも一緒に探しに出かけましょう!



15:00〜
みかんの木文庫「どろんここぶた」2-11_04_mikan_no_ki.jpg

こぶたは、たべるのが大好き。かけまわるのが大好き。ねむることが大好き。でも、なによりも大好きなのはやわらかーいどろんこの中にズズズズーとしずんでいくことでした。
アーノルド・ローベルの絵本から「こぶた」がどろんこ探して舞台にも飛び出してきましたよ。みかんの木文庫では、本やお話だけでなく、人形劇もとどけます。



15:50〜
京都西陣創造集団アノニム「おこんじょうるり」2-11_05_anonimu.jpg

アノニムは京都西陣を拠点に活動している劇団です。
1986年、京都演劇教室3ヶ月演劇実践講座修了生を中心に結成され、以来30年近く活動を行っています。
今年はイタコのお婆様と子ぎつねのコンビが織り成す、ちょっとおもしろ哀しい昔話。これ見て、心温まって帰っておくれやす♪



☆2月13日(土)
和室プログラム
11:30〜
パペットてなもんや「ゴキゲンな人形劇」2-13_01_tenamonnya.jpg

人形劇講座で出会ったメンバーでユニットを結成して今年でちょうど10年目♪
「これ、おもしろいな〜」と人形で即興遊びをしているうちに生まれたお話いろいろ。
手袋人形、パクパク人形、などいろんな人形を遣って日常のクスッと笑える一コマを演じます。
子どもさんから大人の方までどうぞご一緒にご覧ください♪よろしくお願いします!!



ホールプログラム
13:00〜
きっずkocho「月と地球と神様と」2-13_02_kocho.jpg
大阪の児童劇団きっず★kochoは、第34回演フェスの「かみさまからのおくりもの」を別バージョンで上演します。いろんな国の神様たちが今度はどんな事件を巻き起こすのか。小4から中2の6人の女の子たちが月の女神セレネを軸に個性豊かな神様の世界を笑いと感動でお届けします。京都の大舞台に神様たちが舞い降りる!どうぞお楽しみに! 


14:10〜
宇治っ子朗読劇団☆Genji「宇治十帖ものがたり」2-13_03_uzikko.jpg

宇治っ子朗読劇団☆Genjiは、宇治市文化センターが古典を市民の皆さんの心に広く根付かせ、次世代に継承していくため開設した「源氏物語宇治十帖朗読劇講座」の受講生でつくる朗読劇団で、現在4期生として、小学3年生から中学2年生まで12名が参加し、オリジナルの劇中曲とともに「源氏物語宇治十帖」の世界を表現します。講座では平安時代の貴族の生活や宇治の歴史などを学びながら練習に励んでいます。



15:10〜
ミニシアターまる「金のたい」2-13_04_maru.jpg
一人芝居を思いのままにかけ抜けた22年でした。
グリムの「漁師とさかな」を日本昔話に脚色しました。「何でも思いどうりになる」という思いこみから終には欲望の果てまで行ってしまう主人公の話です。
皆様に楽しんでいただけましたらこの上ない喜びです。


16:00〜
児童劇団やまびこ座「がらがらDON!」2-13_yamabiko.jpg
「がらがらどん」といえば、おいしい草を求めて、こわーいトロルの待つ橋を渡ったヤギの兄弟たち。
やまびこ座が今、あのがらがらどんのお話を表現すると、こんな形になります。
がらがらどんたちはおいしい草を食べられるのか。そこへたどり着くための試練とは…?



公募公演:一般部門(2/6・7)はこちら
特別企画(2/14)はこちら

posted by 演フェス at 14:16 | Comment(0) | 第37回 演フェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする